助成金

助成金とは、国(厚生労働省)が行っている、雇用関係の助成金を指すのが一般的です。
弊法人では、雇用関係の助成金を中心に対応しています。

助成金を受給するためには、要件を満たす必要があります。
融資であれば、返済しなければなりませんが、助成金は返済の必要がないのも特徴の1つです。
経済産業省が管掌する創業やモノづくりをはじめとする補助金は、要件を満たしても、必ず採択されるものではありません。
厚生労働省の管掌する助成金は、予算の範囲内であれば要件を満たしている限り、原則として受給ができます。

2つ目の特徴として、間接的に会社の信用につながることが挙げられます。
雇用関係の助成金は雇用保険料を原資にしていますので、労働関係法令に違反していないことなどが要請されます。

つまり、助成金を受給できることは、法令違反をしていない企業であることを、厚生労働省に認められたとも言えます。
助成金をもらえたことで、間接的に会社の労働環境が良いことがわかります。

会社の労働環境を整備しながら助成金の受給を目指しませんか?